予防接種

予防接種について

  • 予防接種は受けた方がいいのか、何から受けたほうがいいのか、何か副反応がでたらどうしょうかなどいろいろな不安を持っているお母さんも多いと思います。

    予防接種は伝染病が脅威であった時代に集団接種によって大多数に免疫を与え、それにより伝染病の流行を阻止しようとする「集団接種」の意義が大きかったのですが、最近は被接種者個人のニーズに従って各個人にもメリットがあり、また社会全体の予防にも役立つ「個別接種」に変わってきています。その子をよく知っているかかりつけの小児科医が、その子の体調や都合に合わせて個々に予防接種を行った方が、より安全に病気を未然に防げるのです。

  • 赤ちゃんとママ

赤ちゃんの予防接種は、たくさんあって大変ですが、生後2ヶ月から始まるのが、 Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、HB(B型肝炎)ワクチン。 現在は自費ですが、ロタウィルスワクチンも生後2ヶ月スタートです。 生後3ヶ月になると、4種混合ワクチンが加わります。
同時接種を心配するお母さんも多いと思いますが、同時接種をしても個々にワクチンを打ったときと比べても免疫をつける力に差はなく、副反応の増加もないこと、人の免疫力にはゆとりがあり、一度に多くのワクチンが入っても対応する能力があることが分かっております。単独接種を希望される方には、単独接種も可能です。

予約は必要ありません(ロタウィルスワクチンの1回目だけ、ご予約下さい)。特に赤ちゃんや保育園・幼稚園に入園前のお子さんは火曜・木曜日の午後の予防注射の時間が安心です。

定められている予防接種

接種を定められている予防注射

※下記は税別料金です。

無料
(札幌市公費負担)
有料の場合(公費対象年齢外、市外など)
ヒブ(Hib) 生後2か月から、5歳の誕生日前日まで。 7,000円(5歳未満)
肺炎球菌 生後2か月から、5歳の誕生日前日まで。 9,000円(9歳未満)
B型肝炎 生後2か月から、1歳の誕生日前日まで。 5,000円
四種混合 (百日咳、破傷風、ジフテリア、不活化ポリオ) 生後3か月から、7歳6か月の誕生日前日まで。 10,000円
MR(エム・アール) (はしか・ふうしん混合) 1期:1歳から、2歳の誕生日前日まで。
2期:小学校入学前の1年間。
8,000円
水痘 (みずぼうそう) 1歳から、3歳の誕生日前日まで。3ヶ月以上あけて、2回接種します。 7,000円
不活化ポリオ 四種混合を接種した方は不要です 生後3か月から、7歳6か月の誕生日前日まで。 9,000円
二種混合 (破傷風、ジフテリア) 四種、三種の最後の追加です 11歳から13歳の誕生日前日まで。 5,000円
日本脳炎 1期3回:生後3か月から7歳6か月の誕生日前日まで。
2期1回:9歳以上、13歳の誕生日前日まで。
一般的には、3歳、4歳、9歳。
北海道の特例について札幌市等からの連絡に御注意下さい。
6,500円

任意の予防注射

※下記は税別料金です。

予防接種項目 接種料金
ロタウィルス 生後6週から24週までに2回内服します。
1回目だけは、予約を御願いします。
できれば授乳を我慢して、おなかがすいている状態で来院して下さい。その方が上手に飲んでもらえます。
14,000円
流行性耳下腺炎 (おたふくかぜ) 1歳の誕生日以降。 6,000円
インフルエンザ (10月から翌年2月) 生後6か月以降接種可能ですが、卵アレルギーが無いことが条件となります。
また、家族の方にアレルギー体質がある場合も注意が必要です。
一般的には1歳を過ぎてからの接種が安心です。
3,500円程度/回 *毎年、料金が変わる可能性が、あります。 *予約は不要です。